2010-02-28 Sun

ぼくらのおしごと:かんじきで歩く

「かんじきで歩く」に行きました。
もう少しでゴールなのに、かんじきがぬげてしまいました。
弟だけがかんじきをはいたままゴールしました。
雪に、はまるのが楽しかったです。



posted by み〜くん | Comment(0) | TrackBack(0)
2010-02-27 Sat

タマネギ播種スタート

[天気][気温]1.3(最高)−7.0℃(最低)

一昨年からお世話になっている農家さんから、タマネギ播種機を譲り受けた。今朝から奥さんの手を借りてセッティング。無事終了していよいよ播種スタート。
播種の間にセッティングの不備がわかって、途中にセッティングをやり直したが、順調に播種作業が進んで、半分以上が終了した。残るは、北見黄1品種のみとなった。あと1日あれば播種作業も終了だ。育苗土が凍ってしまわないようにダンボールでくるんだが、次回播種作業は3月2日の見込み。なんとかきついシバレが入らないように願いたいが・・・。

posted by 農夫 | Comment(0) | TrackBack(0)

農婦のお仕事:本庄農場らしくない

仕事始めの日以来、結局タマネギもアスパラもハウスのビニール張りは手伝わないまま、タマネギ播種での出動となった。(というのも、去年と同じ)

土曜日で子どもたちは隣のお友達のうちに遊びに行くことになっていたので、朝の家事を済ませたらすぐに作業にかかった。

最初の最初から播種作業をするのは初めて。機会も順調に動き、育苗土のシバレもなく、どんどんはかどる。なんともまぁ、本庄農場らしくない。昨年から活躍している積出機のおかげで、余裕で作業ができるし。

用があって途中で離脱したけれど、半分以上の播種作業が終わるという出来の良さ。うん、いい感じ。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2010-02-25 Thu

ホワイトアスパラ用パイプの準備

[天気][気温]8.1(最高)−0.5℃(最低)

今年からホワイトアスパラの栽培規模を増やすべく、2重トンネル用のハウスパイプの準備に着手した。倉庫裏に置き去りにしておいたため、雪の下になっているパイプを掘り出すところから開始。なんとか、面積増加に伴う追加のパイプの本数を確保できた。3間ハウスに追加するので高さを幾分か短くする必要がある。今後は、パイプの下をカットして、雪解け、土壌凍結が解消した時点ですぐに増築できる準備を急ごう。

posted by 農夫 | Comment(0) | TrackBack(0)
2010-02-24 Wed

タマネギ育苗土到着

[天気][気温]1.3(最高)−7.5℃(最低)

タマネギ育苗用の土(オニオンエース)が到着した。タマネギ播種までしばらく倉庫内に保管。寒さで土が凍りつかないようにしないと播種が大変となる。
自宅裏のタマネギ育苗ハウスの南側にたまっていた雪を除雪した。トラクターでは除雪できないので、人力による作業。温かい日となり汗が滴り落ちる作業、こちらも作業終了でハウス内の土壌水分蒸発が進みそうだ。

posted by 農夫 | Comment(0) | TrackBack(0)
2010-02-23 Tue

アスパラハウスのドア修復終了

[天気][気温]4.7(最高)−6.1℃(最低)

少し残っていたアスパラハウスのドア修復を行った。これでドア部分に開いた大きな穴はほぼふさいだ。ハウス内の雪もここしばらくのプラスの気温で、半分以上減ったようだ。この一週間は気温が高いようなので、今月中に雪解けが一気に進みそうだ。今年は、4月上旬からハウスアスパラの収穫ができそうだ。

posted by 農夫 | Comment(0) | TrackBack(0)

タマネギ育苗ハウスにトンネル資材

[天気][気温]4.7(最高)−6.1℃(最低)

タマネギ育苗ハウス内に育苗用のトンネル資材を搬入した。肥料を散布しロータリーで整地した後ではだめなのでこのタイミングで準備をする。
だが、思った以上にハウス内部の水分が多い。今年は氷点下20度を下回る日が続いたこともあって、土壌凍結が解消するのに時間がかかってしまい、明日明後日で作業しようかと思っていた肥料散布とロータリー整地はしばらく先送りとなった。3月初旬にはなんとかなるだろう。しかし、極早生のタマネギ栽培には少し育苗期間が短くなったようだ。

posted by 農夫 | Comment(0) | TrackBack(0)
2010-02-20 Sat

アスパラハウスの被覆5棟目終了

[天気][気温]0.9(最高)−5.4℃(最低)

最後のアスパラハウスの天井ビニール被覆作業をした。このハウスは新規のビニールで、さすがに傷やすれがないので日光透過率が格段に良い。最後の被覆だが雪解けは一番に終わるかもしれない。
2月12日から始めた準備作業が、作業日数6日でハウス5棟の被覆が終了した。あと少しドア部分の補修も必要だが、昨年よりも約1カ月早く作業が完了。これで4月上旬からの収穫開始となれば最高だ。

posted by 農夫 | Comment(0) | TrackBack(0)
2010-02-19 Fri

アスパラハウスの被覆4棟目終了

[天気][気温]1.2(最高)−7.9℃(最低)

残る2棟となったアスパラハウスの天井ビニール被覆作業。今日のハウスもハウスバンド固定用のパイプが氷の下に埋まったままなので、くぎ抜きで氷を割りながらの作業。時間がかかったが夕方3時くらいになんとか終了。これでハウス4棟の被覆が完了した。残る1棟、明日完了となるか?

posted by 農夫 | Comment(0) | TrackBack(0)
2010-02-16 Tue

アスパラハウスの被覆3棟目終了

[天気][気温]−5.3(最高)−18.8℃(最低)

昨日に引き続きアスパラハウスの天井ビニール被覆作業をした。今日は、ホワイトアスパラ用の70坪ハウスを行った。今日のハウスはハウスバンド固定用のパイプが氷の下に埋まったままなので、くぎ抜きで氷を割りながらの作業だった。ほぼ1日かかってなんとか終了。これでハウス3棟完了した。

posted by 農夫 | Comment(0) | TrackBack(0)
2010-02-15 Mon

アスパラハウスの被覆2棟終了

[天気][気温]−1.1(最高)−17.7℃(最低)

いよいよアスパラハウスの天井ビニール被覆を開始した。午前中1棟、昼からで1棟で、85坪ハウス2棟の天井ビニールの被覆が終了した。ドア部分にまだ隙間があいているので補修が必要だが、ひとまず2棟終わったので一安心だ。大雪が降ったら除雪が大変だが、今年は4月初旬からハウスアスパラ(ホワイトアスパラも)収穫できるように、残るハウス3棟も頑張って被覆しよう。

posted by 農夫 | Comment(0) | TrackBack(0)
2010-02-13 Sat

アスパラハウスの被覆準備2日目

[天気][気温]−5.7(最高)−18.3℃(最低)

アスパラハウスの天井ビニール被覆準備2日目。今日もハウスバンド固定用のパイプ(ワイヤー)を雪の下から掘り出す作業をした。今日もハウス2棟分の除雪が完了。終わったハウスから被覆を開始しようか?

posted by 農夫 | Comment(0) | TrackBack(0)
2010-02-12 Fri

アスパラハウスの被覆準備開始

[天気][気温]−3.3(最高)−14.4℃(最低)

昨年はアスパラハウスの天井ビニール被覆が3月中旬と大幅に遅れため、収穫開始が4月下旬となった。今年は4月初旬から収穫開始できるように、タマネギ播種作業の前になんとか被覆完了といきたい。ハウス5棟もあるので、冬のアルバイトの合間を見つけて今日から被覆準備に取り掛かった。
まずは、ハウスバンド固定用のパイプ(ワイヤー)を雪の下から掘り出すことから始まる。スコップ片手にせっせと頑張って、ハウス2棟分の除雪まで完了。まだまだ時間がかかりそうだ。

posted by 農夫 | Comment(0) | TrackBack(0)
2010-02-08 Mon

除雪作業は骨が折れる

[天気][気温]0.1(最高)−5.2℃(最低)

昨日の大雪で、タマネギハウスの南側(風下側)には大量の雪が積もった。さすがに早急に除去しないと、次の大雪が来たら大変なことになりかねない。朝からがんばって除雪して、ビニールの穴を修復テープで補修し、お昼過ぎにはなんとか終了。今年の積雪も昨日の大雪でほぼ平年くらいの積雪になったようだ。
アスパラハウスの被覆ももうすぐ始める予定だが、この冬の大雪は昨日で終わりにしてほしいものだ。

posted by 農夫 | Comment(0) | TrackBack(0)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。