2008-11-14 Fri

農婦のお仕事:任務完了

子どもたちがお遊戯会の練習のために、早めに保育園へ行ってしまう。
送った後に息をつくと、出動が遅れてしまうので、珍しくチャッチャと行動し、9時前には作業を始めれた。
おかげで、午前のうちに、ジュクジュクトマトを持ち出し、マルチを畳むところまで終えることができた。

マルチを抑えている留め具(土にプスッと刺してある)を抜くのに手では無理で、何も準備していなかったので、家に戻らなければいけない窮地に陥った(家に戻ったら、畑に戻ってこれないかもしれない。精神的な問題だけ)けれども、ちょうどワゴンRにハサミが置いてあったので、それでうまく抜くことができた。

残すは、潅水チューブだけという状態になったんだけれど、もう水は入っていないし、すぐに片付けられるそうで、後はお父さんがやってくれるとのこと。
これにて、トマトハウス整理の任務は完了した。

来週はいよいよ路地アスパラの倒伏防止ロープの撤去作業だ。
外の仕事は寒いだろうなぁ。



posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-11-13 Thu

農婦のお仕事:タラとホッケ

今朝、ご近所の農家さんから、タラとホッケをいただいた。

今日こそは、ハウス整理の見通しを立てたかったので、魚は後回しにして、作業に取り組んだ。
午前中にトマトの株の持ち出しが完了。
一輪車に乗せて、運ぶんだけれど、一面に散乱しているトマトを踏んづけてしまって、何度か転びそうになった。
落ちているトマトは、ジュクジュク。青いものも毎朝シバレているからジュクジュク。
バナナの皮を踏んづけるギャグみたいな格好になリながらも、転ばずに耐えきった。

午後から、その散乱しているトマトを持ち出そうと思っていたんだけれど、お父さんに「早いな。ボチボチやったらいいで」とねぎらってもらったので、お言葉に甘えて明日へ見送り。
タラとホッケをサバいて、タラは今夜フライとして食卓へ。ホッケは塩水につけて干物に。
今夜の夕食は、いくら丼とタラのフライ。豪華2本立て。う〜ん贅沢ぅ〜。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-11-12 Wed

農婦のお仕事:いくら

今日こそは丸一日仕事ができると思っていたんだけれど、昨日の夜に鮭をもらったので、いくらの醤油漬けを作ることになった。
さほど時間はかからないだろうと思ったら、ある程度ほぐれたあとのいくらに絡みついている膜を取り除くのにずいぶん時間がかかってしまった。
さらには、卵を取った後の鮭を塩漬けにしたり、一緒にもらったカレイをサバいたりで、結局午前中が潰れてしまった。

というわけで、今日できたトマト作業は、イボ竹を束ねてハウス外に持ち出しただけ。
イボ竹は、アスパラで使用しているフラワーネットを支柱に固定するゴムを利用して、10本ずつ束ねた。
家の横の倉庫までは軽トラでないと運べないので、そのうちお父さんが引き下げてくれるはず。

明日こそは、トマトの株を全部外に持ち出そう。
明日の夕飯は、いくら丼だ♪

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-11-11 Tue

農婦のお仕事:紫外線

今日は毎月恒例の50円市。
開店前から並んで肉の争奪戦でもみくちゃになるのは、とても疲れるので、ちょっと遅めに出かけた。
楽に買い物はできたけれど、追加の肉が出てくるのを待ったり、レジの長蛇の列に並んだりで、午前中が潰れてしまった。

午後から数時間のみの作業となってしまったけれど、トマトの株を全部引っこ抜いて、5分の1ほどハウス外に持ち出すことができた。

ところで、今日はとても天気がよく、ハウス内は暑かった。
わかっていたのに厚着していってしまったので、汗だくになってしまった。
家に戻って顔を洗うと、とてもヒリヒリする。日焼け止めを塗っていたけれど、汗で流れて日焼けしちゃったみたい。
「冬は紫外線が強いからなぁ」とお父さん。
「あれ?トマトハウスのビニールは?確か…」
「紫外線カットフィルムや」と。
どゆこと?ほんまにカットしてるんか?

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-11-10 Mon

農婦のお仕事:久々の出動

すっかりご無沙汰しちゃって。ひと月ぶり?

そろそろアスパラも枯れ始めたなぁ。ボチボチ働くかぁ。
と思っていたら、今日からお父さんが近所の農家さんのゴボウ収穫のお手伝いに行くことになった。
ナガイモと違って初めてお声がかかったので、いつまでなのか分からない。
というわけで、収穫を終えたトマトの後片付けを担当することになった。

まずは、誘因のイボ竹を抜く作業から。
トマトの茎をイボ竹に縛り付けている紐をチョキチョキはさみで切る。
収穫用のはさみで作業したけれど、切れ味が悪くて手が痛くなってしまった。
午後からは、家のはさみに変えると、力のかかる部分が変わったおかげで、切れ味はイマイチでも楽に作業ができた。

イボ竹は、さほど力をいれなくても簡単に抜けるんだけれど、油断すると、先っぽが天井ビニールを突き破ってしまう。
ビニールに穴を開けない自信がなかったので、3つまではOKというルールにしてもらった。
午前は調子よく抜くことができたので、1つも穴を開けずに済みそうだと油断したら、プッと突き刺してしまった。あう。

イボ竹を抜き終わったところで、今日は終了。
明日はトマトを抜いて、ハウスの外へ持ち出すところまで頑張ろう。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-10-14 Tue

農婦のお仕事:想定外

アスパラハウスの除草が完了したので、お待ちかねのジュウシホシクビナガハムシの防除。
お父さんはスプレーヤーをつけたトラクター、私は散布機を積んだ軽トラで畑へ向かった。
スプレーヤーのタンクに薬剤を作るので、ハウスへは私が先に到着。
ハウス内の状況を確認しようと中に入ると、アスパラがワサワサと生い茂り、通路が足元にしか見えない状態。
これじゃ、散布機が通れない。人だって立って歩けない。
こんな状態になっているのは、ずっとずっと前からなんだけれど、収穫や除草作業はしゃがんでいるので、問題なかった。
この防除のために急いで(一日1本だから、さほど急いではないけど)除草したのにぃ。

結局、新規の小さいアスパラちゃんにだけ、農薬を散布した。
前回同様、私はホースを伸ばしたり、たぐったり、散布機へ農薬を送るスプレーヤーのスイッチを切り替えたりして、あっと言う間に作業は終了した。

そのままハウス周りの除草をすればいいのに、今日は「薬をまく日」と決めていたのでやる気が起こらず、家に帰って家事をすることに。
模様替えを検討していて、換気扇から吹き込む風をなんとかできないものかと、換気扇をはずしてみることに。
これがはずしにくくてガコガコしてたら、突然スッと取れて、支えきれずに落としてしまった。
ガシャンっと音がした。ガラスの割れる音。
見ると、IHクッキングヒーターのガラストップに換気扇の角が刺さっていた。
そりゃぁもうビックリ仰天。オロオロしながら業者に連絡。
あぁぁぁぁ、今日は厄日だ。めざましテレビの占いでもアンラッキーだったし。うぅぅぅ。
応急処置をしてもらって、夕飯準備は事なきを得たけれど、痛い痛い出費だわ。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-10-11 Sat

農婦のお仕事:どうしてもと言うのなら

アスパラハウス除草、最後の1本。
ここは他と違って、コケが多く生えている。
ホーでかいても、ベロンと土ごとはがれるだけ。気持ち悪いし。
その代り、ビッシリ生えているところには他の雑草が生えれないから、コケを無視すれば除草は早い。

「ぼちぼち終わらせればいいから」とお父さんに言われ、3連休は休んじゃう?なんて思ったけれど、終わらせてスッキリしたいので頑張った。

来年はハウスサイドには、トマト栽培で使用していたマルチを敷き詰めて、ちょっとでも草取りを楽しようと考えている。

あと私に与えられた任務は、路地アスパラの倒伏防止ロープの除去のみ。
これは、アスパラが枯れ上がらないとできない作業。まだまだ先。
お父さんがしているハウス周りの除草を「どうしてもと言うなら手伝ってあげなくはないけど?」と言うと、「どうしても」とすぐに返ってきた。当然だな。
ま、ぼちぼちやっていきましょう。

posted by 農婦 | Comment(2) | TrackBack(0)
2008-10-10 Fri

農婦のお仕事:びしょぬれ

アスパラハウス除草も2棟目。

今日は日差しもあって、ハウス内はちょっと暑いなと思っていたら、イキナリ背後から水がダーッ。
昨日の午後から降った雨が、肩ビニールにたっぷりたまっていたのをかぶってしまった。
ほんっとビックリして、「ギャーッ」と悲鳴をあげたら、別のハウスの除草をしていたお父さんが駆けつけてくれた(駆けてきたかどうかは不明)。
水をかぶったと背中を見せて説明すると、「なんや。虫でも背中に入ったんかと思った」とガッカリして戻って行った。何故ガッカリ?

1棟目はハコベがはびこっていたけれど、2棟目はイヌホウズキやイヌタデ、アカザといった大物が多いので、肥料袋に入れるのも大変。
ハウス外の防除通路に放り出せば、あとでお父さんがロータリーですきこんでくれるというので、ポイポイ投げまくった。
大物&直接ハウス外に投げるということで、とてもスピーディー。
片側を終わらせ、最後の1本に着手。出入り口付近がキレイになった。
明日、土曜日で子どもたちはもう保育園をお休みさせようと思っているけど、ラストスパートで頑張っちゃおう。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-10-09 Thu

農婦のお仕事:肥料袋

今日も引き続き、アスパラハウスサイドの除草。
昨日、2枚の肥料袋で、雑草を詰めては持ち出すというのを繰り返して、かなりロスがあったので、今日はたくさんの肥料袋をハウスの肩から適当に中に放り込んで、詰めたものをまた肩から出すという作戦で行くことにした。
倉庫に肥料袋を取りに行くと、倉庫がキレイに片付いていて、大量にあったはずの肥料袋が見当たらない。
あちこち探して数枚だけ見つけることができた。

倉庫はキレイに片付いていても、ハウスの周りには、ちょろちょろ肥料袋が落ちている。
さすが私。片付け下手でよかったぁ。
それでも足りないなと思いながら作業をすすめていくと、ハコベに埋もれて3枚もの肥料袋が見つかった。
さすが私。こんなところにまで散らかしていたとは。

今日も片側がキレイになって、ハウス1棟完了。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-10-08 Wed

農婦のお仕事:ミミズがいっぱい

アスパラハウスのサイドの除草を開始した。
種をできるだけ落とさないようにすることと、ジュウシホシクビナガハムシが隠れるところを減らす目的なので、抜いた草は肥料袋に入れて持ち出す。
アスパラとハウスパイプの間が狭いので、袋に入れたり、歩いたりすること自体が大変。

ハコベがびっしりと生えているんだけれど、それをよけるとミミズがにょろにょろ。それもむっちゃ太いし。
畑にミミズがいるのは肥えている証拠で、とても名誉なこと。
ホーで傷つけないように、手袋をした手でつまんでポイッとアスパラの方によける。
すると、にょろにょろとまた近くに寄ってくる。なんでやねん。
というのを、何度繰り返したことだろう。
イモムシもいっぱいいた。

ハウスの片側がキレイになった。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-10-07 Tue

農婦のお仕事:おいしいハウスアスパラ

毎週、火曜と水曜のみオープンしている直売所に出荷するため、ちょっとだけ早起きしてアスパラガスを収穫した。
すぐに採り終わると思ったんだけれど、寒さのせいなのかやっぱりほとんどが伸びていなくて、来週まで待っても伸びそうにないので、短いままで採ることにしたら、いつもの朝食の時間までかかってしまった。

全部先が直角に近く曲がっていて、短いものは10センチほどしかなく、さらに筋が多くなってきているんだけれど、なんといっても甘い!
夜の冷え込みがグッと甘くするんだろうな。

今日はアスパラのほかに、トマト、赤タマネギ、白タマネギを陳列したけれど、アスパラとトマトは完売。赤タマネギと白タマネギも予想外にたくさん売れた。
お店の人にも「トマト甘くておいしいわ。もうないの?」って言ってもらえて超うれしい。
低温のせいであまり赤くならないので、連日の出荷は無理。来週まで待っていただくことに。
これが毎日採れたりしたら、あまり甘くもなく、売れ行きもイマイチなんだろうな。
ちなみに釧路市場にも少ししか出荷できなかったけれど、やっと満足のいく値をつけてもらえた。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-10-06 Mon

農婦のお仕事:終わった

久しぶりに収穫したトマトを産直用と市場用に選別したのち、いよいよ最後の拾い上げ。
畝が短いのと、昨日乾きが悪いところを残していたのとで、切り替えが多く、基数としては時間がかかったけれど、無事午前中に完了した。

残す主な作業は、アスパラハウスの除草およびジュウシホシクビナガハムシの防除と路地アスパラの倒伏防止ロープの撤去。
あと、トマトの選別やら、ハウスアスパラの新芽除去とか。
いや〜、今年も終わったって感じ〜。

午後からは、女満別空港に『花畑牧場の生キャラメル』を買いに出かけた。
こないだ朝行った時に、「午後から」って言われたから、13時過ぎに行ったんだけれど、結局14時過ぎて、やっと出てきた。
『じゃがポックル』より人気がある?というか、生キャラメルを扱う店が1店舗だけだからか。
陳列する間もなく、段ボールを乗せた台車から直接販売っていうスタイルで、人だかりができてたし。

高いわ。なのにおひとり様3個といわれると、2人で6個買ってしまった。じゃなくて買わせてしまった。
我が家に1個いただいた。ありがとうございまする。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-10-05 Sun

農婦のお仕事:藻琴山登山

昨日は、サロマ湖へドライブ。
風もあってとてもいいお天気だったので、タマネギも乾いたかと期待して帰って来ると、女満別辺りから雨がポツポツ。家の近所の道路は雨で濡れていた。
美幌では降ったり止んだりの天気だったよう。

今日はいいお天気だけれど、午前はどうにもならないということで、家族揃って近くの藻琴山へ登ることにした。
お父さんは乗り気じゃなかったけれど、お父さんが一緒で大喜びする子供たちと標高1000mの頂上に登って、いい気分になってくれたみたい。
いい気候のときにみんなでおでかけなんて、なかなかできないもんね。

午後からはタマネギを拾い上げ。
まだ少し泥はついているものの、そんなにひどくもなく、順調に進んだ。
とうとう終わりが見えた。
明日はまた雨の予報だけれど、降る前に余裕で拾い終われそう。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-10-03 Fri

農婦のお仕事:泥んこ

見た目、タマネギは乾いているんだけれど、土がなかなか乾かない。
晴れ間も出ないし、風も吹かないし、しょうがない。
ハーベスターでの葉っぱ切りをしていなかったら、乾くのも早かったのにとの後悔もあるけど、今更そんなこと言っても何にもならんしね。

試しに1基だけ拾ってみたけど、タマネギにベタッと泥が張り付いている。
大コンに入れちゃうと、中の方は全然乾かないらしい。
ピッカーの選別台のローラーも泥がこびりついちゃった。いやーねー。

そんでもって、また夜から雨。
早く終わってすっきり遊びに出かけたいなぁ。
ま、とりあえず明日は子供たちを休ませて遊びに出かけよう。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-10-02 Thu

農婦のお仕事:筋肉痛

ハサミで葉っぱをチョッキンする作業は、思った以上に足が疲れる。

今日は、雨後でピッカーでの収穫作業ができないので、お父さんは一日中チョッキンしていた。
私は午前中は衣替え系のことをしていたけれど、お昼からはチョッキン作業に参戦した。

チョッキン作業の大変さをアピールしたのか、お父さんが「足と、思った以上に腰にくるから」と忠告してくれたので、お言葉に甘えて1往復で引きあげさせてもらった。
お父さんに何も言わずに帰ったんだけれど、ひやかしに来たのかと思ったそうな。
ほんとは用事で出かける前に1往復だけでも手伝った方がいいかなと思って行ったんだけどね。

昼過ぎに1時間作業をしただけなのに、夕方には太ももが筋肉痛になってしまった。
お父さんは1人でかなり頑張ってくれたようだし、残りの畝は最後までやろう。かな。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-10-01 Wed

農婦のお仕事:大わらわ

いよいよ最後の拾い上げ。
私が畑に出動する前にお父さんがハサミで切り残した葉っぱを切ってくれていた。
おかげで、通常より少し多めに切り残ってる程度で、拾い上げることができた。

が、お父さんが手をつけていない畝に入った途端に、次々と葉っぱがついたままのタマネギが出てきて、葉っぱを手でちぎったり、腐ったタマネギや小さいものをハネたり、土の塊を取り除いたりが全然追っつかなくなってしまった。

雨が降る前に拾えるだけ拾いたいというお父さんの気持ちも分かるけれど、絶対に出荷先からダメ出しをくらってしまう気がしたし、選別台では2人して大わらわで参ってしまうので、やっぱりちゃんとハサミで葉っぱを切ってから拾い上げることにした。
ところが、3本あったはずのハサミが2本しか見当たらない。
結局、お父さんは普通の家庭用のハサミでチョッキン。「すぐに壊れてしまうわ」とブツクサ。野菜用のものとはそんなに違うのね。

昼からポツポツと雨が降り出し、雨降り作業のためにお父さんはJAへジャガイモの段ボールとハサミを買いに出かけた。
と、そのうちに雨はあがり、チョッキンした分だけ拾い上げた。

雨降りとチョッキン作業が加わって、思ったよりも収穫作業は長引いてしまいそう。
9月中に終わるかも?なんて甘い考えだったわ。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-09-30 Tue

農婦のお仕事:待ってました

葉っぱの切り残しは、気にしないことにして、2速でブンブン飛ばした。
おかげで午前のうちにすべての葉っぱを切り落とすことができた。

2台のハーベスターをノロノロ、ガタガタと走らせて家へ帰す。
行きや畑の移動は、見通しのよい道路の横断だったけれど、帰りは坂道の途中での右折となるので、ノロノロ横断は怖い怖い。
夕方にはバビも到着し、あとは拾い上げるのみ。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-09-29 Mon

農婦のお仕事:やり直し

天心タマネギの葉っぱ切り。
北見黄と同じ畑に戻ったので、ハーベスターのタマネギ落とし口にビーネットをつけ直した。
だけど、どうもうまくはいかず、何度もつけ直す羽目に。それでも駄目で、調整する時間がもったいなくなって、結局はずしてしまった。
また後で集め直さないといけないか。

いつものように、ハーベスターのお尻をグッと上げて2速で走るも、葉っぱの切り残しが多いのなんのって。
だからと1速で走ってもさほど改善せず。
葉っぱが短くてローラーに巻き込まれないようで、せっかく下を向いてもクルッと向き直ってしまったりする。
拾い上げのときには、バビが戻ってきてくれるから、2人で選別しながら切ればなんとかなるかな。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-09-27 Sat

農婦のお仕事:お疲れ様

ハウスアスパラのJA出荷最終日。
昨日、一昨日と収穫を休んだので、ある程度収穫できると思ったんだけれど、寒さのせいか全然伸びていなかった。
今までの1日分にもならない。
全く芽が出ていないわけではなくて、とにかく伸びてないっていう感じ。
JAの出荷が終わっても、出なくなるまで芽は採った方がいいらしいので、週1くらいで採って直売所に持っていこうっと。
たった1回で終わるかもしれないけど。

アスパラが終われば、ほんとに残りはタマネギだけ。
ジャガイモも残っているけど、収穫作業にはノータッチ。何故かって?何故でしょう?

再度、部品を購入して、修理完了となったはずのピッカーだけれど、やはり改善せず。
原因が分かったと思っていただけに、直らなかったのは大誤算。
抜け落ちるたびに「セレクターがついていないピッカーとセレクターを購入しよう」と提案し続ける。
ピッカーは安いんだけれど、セレクターが高い。もちろんどちらも中古。
この高いセレクター、ついひと月ほど前に、お父さんは買う気になっていたのに、今となっては無言になってしまう。
自分でも何で買う気になっていたのか不思議でしょうがないらしい。
私もそのとき買うのを止めなきゃよかったか。

抜け落ちるのは、石が詰まったときに負荷がかかりすぎるためなので、この石が多い畑を乗り切れば、今年はなんとかなるかもという思いが強い。
今日は保育園が半ドンなので、お昼ごはんを返上して作業して、この畑はすべて拾い上げてしまおうと目論んだ。
お腹を空かせながら頑張ったけれど、あと少しの所で大コンが無くなってしまった。
別の畑から運んでくるのを待っていたら、お迎えに遅れてしまう。
だからと言って、ほんのちょっとのためだけに、昼食後に出動するのも気が進まない(その後も働けばいい話なんだけど)。

というわけで、子供たちをお迎えに行って、家には帰らずに畑に寄って収穫作業をすることに。
今朝のNHKおはよう北海道で、小学生の男の子がタマネギ収穫を手伝っている話題を見たこともあり、来年小学生になるみ〜くんをピッカーに乗せたくなった。み〜くんを乗せるなら、みっきーも乗せなくちゃならない。

ピッカーからの落下、ローラーへの巻き込みを防ぐため、2人はただ乗っているだけ。ハネタマネギの投入口にしっかりつかまらせる。
ローラー部分にタマネギが飛び出してくると、2人はキャーキャー大喜び。予想以上に楽しんでくれた。
来年は、もうちょっと背が伸びているだろうし、落下防止策も練ってもらって、まじで働いてもらおう。

次からは別の畑の天心の収穫。
ラストスパートの前に明日は1日お休みして、汚れまくった作業着を洗おう。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-09-26 Fri

農婦のお仕事:寝不足

寝る前に読書をしていたら、サーッと雨の降る音が聞こえた。
ぃやったぁ!明日は休みだ!と、そのまま読書にふけった。
秋の夜長。読書の秋。う〜ん、風流。読んでるのは漫画だけど。

ところがどっこい、雨は大したことなく、10時から収穫作業開始。
それでも、子供たちを保育園に送ってから3、40分朝寝させてもらった。

残念ながらピッカーは直っていなくて、たびたび抜け落ちる。
だましだまし最後までいけるかと期待したけれど、午後の作業中、とうとうコンテナを上下させる油圧が利かなくなってしまった。
部品を買いに行かなければいけなくなって、保育園のお迎えもお父さんにお願いできることになった。
ぃやったぁ!休みだ!昼寝ができる!と家に帰り、読書にふけった。
今日は早く寝ようっと。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-09-25 Thu

農婦のお仕事:一長一短

いい天気が続いているし、ピッカーの調子もいいので、とても順調に収穫作業は進んでいく。
とうとう最後の天心に突入。

小田和正のコンサートのため、バビが一時帰阪。
明日からは1人でピッカーに乗らないといけないんだけれど、今日のうちに傾斜のひどいところは脱出できて一安心。
この調子だと、9月中の収穫完了も夢じゃないかも!?
と、喜びたいところだけれど、次にバビが来てくれるのは9月30日。
「終わってたら何しに来るんかわからん」とちょっぴり悲しげ。
そうなれば、紅葉狩りにでもでかけましょう。

葉っぱ切りの方はといえば、ハーベスターの切り落とした葉っぱを落とすローラーがずっと故障していたために、ときどき葉っぱが逆流してきてカッター部分にからまってしまっていた。
北見黄、北もみじ2000ではさほど気にならなかったんだけれど、天心は葉っぱが多く残っていて、ちょこちょこ止まって葉っぱを掻き出さなきゃいけなくて面倒くさいなぁと思っていたところ、知らない間にお父さんが直してくれていた。
単にローラーがひっかかっていただけだったみたい。
おかげで止まることなく、スイスイと葉っぱ切りが進むようになった。
が、その切った葉っぱが落ちる位置がタマネギのすぐそばで、ピッカーで拾い上げるときに一緒になって葉っぱが上がってきてしまうようになってしまった。
これはこれで面倒くさい。しかも、上がってくる場所が、私が乗っているのとは逆側だったりする。
壊れたままの方がよかったんではと、思うほど。
ま、そうなれば葉っぱ切りでイライラしなきゃいけないんだけども。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-09-23 Tue

農婦のお仕事:リフレッシュ

昨日の擦り傷は見事な青タンになった。
画像をアップしたいところだけれど、象のような太ももなので、とうてい公衆の面前に出せるようなものではないから諦める。
子供らに見せまくって「痛そう〜」「かわいそう〜」って言ってもらうだけで満足しよう。

残っていた北もみじは、1基分にもならないので、片寄ったまま大コンに入れても問題ないので、1人でピッカーに乗って作業し、あっという間に終了。

その後、天心の葉っぱ切りを進めた。
明日の収穫分は確保できたかと、早々に家に帰りたい衝動にかられたけれど、ランチバイキングに出かけて午後からはお休みをもらう予定にしていたので、午前中いっぱい頑張った。
あと2、3時間で、この畑の天心の葉っぱは切り終わりそう。

北天の丘のランチバイキングにはバビが連れて行ってくれた。
ほんとは私たちがご苦労様と連れて行ってあげないといけない所なんだけれど、それは収穫が全部終わってからのつもり。

温泉に入って、家に帰ってからはお昼寝(夕寝、しかも私だけ)。
さあ、明日からまた頑張るぞ!

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-09-22 Mon

農婦のお仕事:とりあえず解決

アスパラの選別・出荷の後は、北もみじの拾い上げ。
どんどん傾斜がきつくなっていくので、ローラー部(選別台)のタマネギは思いっきり片方に寄って出てくる。
そこで、いつもはローラーを挟んで選別しているバビと私だけれど、バビの方からはタマネギに手を伸ばすのさえも大変なほど、私の方に寄っているので、2人で同じ方に立つことにした。
ローラー上で押しても、コンテナに落ちる時にはまた寄ってくるので、疲れる押せ押せ作戦はやめて、時々大コンに入ったタマネギを反対側に押し広げる作戦。
私が押し広げる作業をしている最中も、バビは選別を続けてくれるので、ピッカーの停止回数も少なくて済む。

この作戦は2人いないとできないし、来年は北もみじの時期にバビがいてくれるとは限らない。
そこで、再度、発泡をセットし直し、私が体重をかけてローラー部に押し付けてみた。
やはり、最初はうまい具合にタマネギは反対方向へ転がって行ってくれたけれど、量が増えてくると発泡は耐え切れずボキッと真っ二つに折れてしまった。
折れた発泡はとっても邪魔。
別パターンでつけ直してみたけれど、おかげでタマネギがローラーと大コン上のタマネギとの間に挟まって割れてしまったり。あぁぁ。

1日中の作業なので、疲れもピーク。
最後の最後で、足を踏み外してピッカーから落下。
止まっている状態なので、太ももをすりむいたのと、肘をぶつけただけで済んだ。
ものすごく痛かったけれど、今日の段階ではただの擦り傷。
明日どうなっているかが楽しみ。

とかなんとかしながらも、北もみじの収穫はほとんど完了。あと半基分ほどを残すところで、お迎えのアラーム。
お父さんは作業服のままお迎えに行けるので、全部拾い終えて畑から直接お迎えに行ってもらうことも考えたけれど、それはただただブログのタイトルに「北もみじ収穫終了!」って書きたいだけのことなので、明日へ持ち越し。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-09-21 Sun

農婦のお仕事:いい考えと思ったのに

なんとかならんのか!ということで、ピッカーのローラー部に斜めに棒状の発泡スチロール(ビートの育苗で使う物らしい)を渡してみた。
止まっている状態では、うまい具合に固定できていい感じ。
すぐに試してみたくって、今日は葉っぱ切りの日としていたけれど、お父さんにお願いしてちょっとだけピッカーを動かしてもらった。

数個コロコロと出てきた段階では、発泡に沿ってタマネギが転がって行ってくれた。
やった!と思った瞬間、ゴロゴロとたくさんのタマネギが出てきて、見事に下にもぐり込んで発泡を押し上げてしまった。
ぶーん。残念ながら失敗なり。
浮き上がらないように固定したいところなんだけれど、ローラーが回っているので、押しつけるようには固定できる部分がない。
なんとかならんのか!

一方、葉っぱ切りはとても順調に進んで、最後の品種、天心へ。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-09-20 Sat

農婦のお仕事:斜めはツライよ

去年(2007年9月21日)も同じタイトルで書いてる。
同じ時期に同じ場所の北もみじ2000の収穫作業をしているんだけれど、今年は先に北見黄の収穫が終わっているところがうれしい。

で、大コンの片方に寄ってしまう現象は、今年も何の対策も講じず、ひたすら押すのみ。
去年と違うのは、バビが手伝ってくれていて、私は押す作業に専念できる。
けど、専念すればするほど疲れる。
押してもすぐに戻ってきて、やっぱり片寄って大コンには入って行ってしまうし、1本拾い上げても大コンはいっぱいにならないしで、余計に疲れる。
なんとかならんのか!

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-09-19 Fri

農婦のお仕事:畑変われば

朝一に枕部分の北もみじ2000をコンテナ1基分だけ拾って、その後はひたすら葉っぱ切り。

北見黄の葉っぱ切りで、いい感じに早く葉っぱが切れるように調整できていたハーベスターだけれど、北もみじの畑は傾斜が急で一から考え直さなきゃいけなくなった。
せっかくつけた右側への落とし口のビーネットも邪魔なだけ。どちらかというと真後ろへの落とし口につけた方がよさげ。
上りでは、ローラー部のお尻を思いっきり上げないと速くにタマネギが転がり落ちてしまって、葉っぱが下に向く時間が足りなくなる。
逆に下りでは、ローラー部を下げないと、タマネギがなかなかローラー部を進めずタマネギがたまりにたまってしまう。
しかも、ディガーでタマネギを掘り起こしてあるところは、タマネギが傾斜に沿って片方へ寄ってしまっている。
1畝にはタマネギ4条分の幅があるんだけれど、寄って寄って2本分ほどの幅になってしまっている。
ハーベスターにはローラーが5本あるのに、働いているのは2本だけという状況に。これもローラーにタマネギがたまってしまう原因になる。

ノロノロと1速で走るのは性に合わないので(お父さんはひたすら1速で走っている)、なんとかならないものかと考え、まだディガーで掘り起こしていない部分を走ってみることに。
根切りをしただけのタマネギは、まだ下4分の1ほどの部分が土に埋まっているので、ローラー部に落ちてくるまでに傾斜に沿って少しは寄ってしまうものの、2速でも十分葉っぱが切れる。
既にディガーが済んでいる部分の大半はお父さんに任せることにした。
タマネギの根っこ周りに土がこびりつくとか、その部分の皮が剥けるのを防ぐためにディガーをするには理由があるようだけれど、しない農家さんも多くいるということだし、なんてったって早い方がいいじゃんね。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-09-18 Thu

農婦のお仕事:フィニッシュ!

今日もバビのお友達が農作業を手伝ってくださるというので、アスパラの収穫をお願いした。
おかげさまで今日も私は朝寝坊。(アスパラの収穫は基本1日置き)
お土産に持って帰っていただくつもりでお願いしたんだけれど、9時半からの作業ということでハウス内は暑く申しわけなかったかな。
その後、タマネギの収穫も手伝ってもらっちゃった。

午後からはトマトの選別。
市場と産直の両方の出荷でバタバタしたので、市場用のトマトを町に持って行くのはお父さんにお願いした。
いつもなら、トマトの出荷と同時に保育園のお迎えも済ますんだけれど、明るいうちに残っている北見黄を収穫してしまいたいのでお迎えは後回し。

畑から直接お迎えに行けるように、Gパンにスモックを着て、スニーカーを履いて収穫作業へ。
お父さんがトマト出荷から帰ってくるのも早かったし、収穫作業もとても順調で、思ったよりも早めに終了した。
これにて北見黄の収穫完了。お次は北もみじ2000。

ぽっかり時間が空いたので、バビに付き合って畑横の雑木林へ。スニーカーじゃ歩きにくいよ。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-09-17 Wed

農婦のお仕事:働き者

午前中は、昨日に引き続きバビのお友達に手伝ってもらっての収穫作業。
みなさん、「こんな大変な仕事ようするわぁ」と言いながらも、ピッカーの不調で作業が早めに終わってしまうと、「え〜!?もう終わり?」とちょっぴり残念そう。
ちょっとでも、手伝ってあげようと思ってくださっているのがうれしい。

午後からは葉っぱ切り。
しばらくすると大粒の雨が降ってきたけれど、なんとか枕部分が終了した。

合羽は来てたけれど、さすがに自転車で帰るのはキツイので、ワゴンRでお父さんにお迎えに来てもらった。
そのまま家に帰るつもりだったけれど、お父さんは畑に置きっぱなしの軽トラに乗って帰るということで、私がワゴンRの運転席に。
ちょっとだけ悩んで、家に帰るのをやめてアスパラハウスの除草をすることにした。
びしょぬれになっているのに働き者で自分でもビックリした。やるときゃやるんだな私。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-09-16 Tue

農婦のお仕事:北見黄から北もみじへ

アスパラとトマトの選別。
アスパラは20日までというのが目安なんだけれど、まだ終わりそうにない。
確かに量は少ないけれど、多かったこともないし。
パタッと出なくなるのかも。
一方のトマトは、一昨日の夕方以来の収穫ということで少なめ。
おかげで午前中に終わらせることができた。

北見黄の葉っぱ切りを終わらせるぞぅ!と思っていたら、お昼にパラッと雨が降ってきてビックリ。
割と大粒だったので、無理かと思ったけれど、すぐにパアッと晴れてきたし、風もあって作業に支障はなかった。

最後の畝にはお父さんのハーベスターが途中で止まっていたので、反対側からその手前まで進んでから、止まっているハーベスターをバックさせることにしたんだけれど、頭で考えるほどうまくはいかず、多くのタマネギを踏んじまった・・・。
とにもかくにも、北見黄の葉っぱ切りは無事に終了し、続いて北もみじ2000へ。
畑自体が変わるので、ノロノロと移動。

少し切り出したところで、大阪からのお友達と旅行に出かけていたバビが帰ってきて、タマネギ収穫体験ということで、5人でピッカーに乗り込んだ。
みなさん、いつも産直を利用してくださっているお客様。
食べていただいている作物の育つ畑を実際に見て体験してもらえるのは、とてもうれしいことだわ。

ちょっと体験。だけのはずが、明日の観光を取りやめてお手伝いしてくださるとのこと。かたじけない。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-09-15 Mon

農婦のお仕事:何回も何回も研究を重ね・・・

今日も午前中は、北見黄の拾い上げ。
粘土質の土なので、大きな塊がタマネギと一緒にローラーに上がってきて大忙しだけれど、機械の調子はよくて着実に拾い終わっていく。

午後からは葉っぱ切り。
どうしてもビーネットのつき方が気に入らないので、一度取り外してつけ直してみた。
やっぱり実際に操作して困っている本人じゃないと細かいところまでは分からないんだよね。
ミスドのCMほどではないけれど、何度も調整をしながら、やっと満足のいく状態になった。

明日はトマト選別作業があるけれど、北見黄の葉っぱ切りは明日中には終わらせれるんじゃないかな。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-09-14 Sun

農婦のお仕事:小タマネギ

いよいよ北見黄の拾い上げ開始。
腐りが少ないので余裕かと思いきや、何故かものすごく速くたくさんのタマネギがローラーを転がってくる。バビと2人でも大慌て。
Dr.ピルシーは1人でも余裕だったのに何でだろ?

バビは正品にならない(なるかも知れないものも含んでいるだろうけど)小タマネギが大好き。
そのままスープとかに使えるし、1人前のチャーハンとかにもってこいなんだってさ。
ローラーを転がってくると、すかさずパッとつかんで足元のミニコンへ。
私も気を遣ってバビの方に小タマネギを投げてあげると、「もう、たくさんあるからいいで」って。
だからと言って、バビの守備範囲に手を伸ばして小タマネギをつかんでハネると、「あ、やめてや。」だと。

夕方からは葉っぱ切りを再開。
ビーネットの効果はバツグンとまではいかず、つける前と反対側に散らばってしまったり、長過ぎてタマネギが詰まってしまったり。
それでも私なりに調整をしながら、2速で走り抜けた。
と、防除畝のところがキレイに1本にまとまらず、ひどい状態になってしまった。寄せる作業に苦労しそう。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-09-13 Sat

農婦のお仕事:葉切れが悪い

畑が乾くまでの時間にハウスアスパラの通路の除草をした。
ホーでかいて放っておくと、イネ科やハコベがすぐに根付いてしまうので、ミ(ちりとりを大きくしたみたいな感じ)に入れてハウスから持ち出した。
時間はかかるけれど、とってもキレイになる。
4本の通路のうち1本しかできなかったから、早朝の時間を使って早めに仕上げないと。
雑草があると、散水の邪魔になってしまうらしい。

午後からは、葉っぱ切り。
Dr.ピルシーのときはそんなに気にならなかったんだけれど、北見黄ではどうも葉切れがよくない。
ローラーをぐるぐる回っているうちに、葉っぱがローラーに挟み込まれ、最後にカットされるという流れなんだけれど、ローラーをぐるぐるぐるぐる回ってもなかなか葉っぱが挟み込まれない。
コレという原因は分からないけれど、根っこが長くてそっちが引っかかっている気もするし、ついている葉っぱが短い気もする。
葉っぱが短いのは事実で、Dr.ピルシーはまだ葉っぱが青いうちに根切り作業をしたので、長い状態のままの葉っぱが残っていて、北見黄は倒伏してから葉っぱが枯れるまでギリギリまで太らせてから根切りに入ったので、根切り作業のときに枯れた葉っぱが千切れてしまっているようだ。

ゆっくり走ることでなんとかならないかと頑張ってきたけれど、それでも切り残しが多いのなんのって。
ローラー部分を上げて角度をつけることによって、タマネギが長い時間ローラーの上を転がっているようにすると、まぁまぁいい感じで切れていく。
けれどそうすると、落とし口が地面がから離れてしまい、バラバラと散らばってしまう。こうなると後で歩いて寄せないといけなくなる。
それも覚悟したんだけれど、落とし口部分を何かで伸ばしてもらえばいいんじゃないかと思いつき、早速お父さんにお願いした。
よく見ると、以前使っていた人もバラバラ散らばってしまったらしく、落とし口の切れ込みにテープを貼った跡が残っていた。

お父さんは、すぐに落とし口にビーネットを巻きつけてくれた。
ビーネットは、トマトの受粉にマルハナバチを使った時に使用したネットなんだけれど、マルハナバチは環境破壊につながるということで断念したので、不要になっている。
うまくいくといいんだけど。

ちなみにローラー部分を上げて走るとスピードを出しても切れ具合は変わらない。
去年、2速で走って切り残しが多かったので、今年はずっと1速で走っているけれど、明日からは2速でゴーゴー!

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-09-12 Fri

農婦のお仕事:産直作業

今日は雨。タマネギ作業ができないのは辛いところだけれど、おかげで産直発送に集中できる。
ところがいつものごとく、伝票も発送ラベルも用意しておらず、昨夜遅くまでかかって用意した。
夜更かししたにも関わらず、今日も早起き。お父さんに褒めてもらって、いい気分。
お父さんは私より2時間早く起きてジャガイモの選別をしているので、褒めてもらえる立場じゃないようだけど。

忙しいのは分かっていても、ビッグハウスの50円市に行かない訳にはいかない。
月1で開催される50円市。一か月分の肉を買う。
いつも壮絶なバトルとなる肉売り場。今日は一段と激しく、将棋倒しや圧死事件が起こるんではないかと思うほどだった。
左手甲を負傷し、鶏肉が籠の中で散乱した。こんなのは初めて。

私が格闘している間に、バビがトマトの選別を進めてくれていて、これがまたずいぶんお早い。
サイズ分けだけで等級分けをしていないせいもあるが、やはりテキパキしているからなんだと思う。

大きい玉が多く箱がいっぱいになって、置く場所に困るほどになった。
今日は業者さんが早くに美幌を発つということで3時すぎに取りに来てくれることに。
等級分けからお父さんに手伝ってもらい、余裕で準備完了。

早い時間の保育園お迎えが必要なくなったので、そこからはお父さんと倉庫でジャガイモ、タマネギ、カボチャの発送準備。
今年はセット商品ではなく、自由に中身を選択する方式に変更したので、箱詰めしたらすぐに送り状を貼らないといけない。
次々に出来上がっていく箱を見て、本当にたくさんのご注文に改めて感謝。
カボチャが完売したことには、かなりビックリ。
毎年余るので、栽培面積を減らしたんだけれど、自由選択にしたせいなのか、ほとんどがカボチャ入りでしかも複数個だったりする。

味平(カボチャ)売り切れました。雪化粧(カボチャ)残りあとわずかです。
トマト、ジャガイモ、タマネギ販売中!
たくさんのご注文をお待ちしております。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-09-11 Thu

農婦のお仕事:親子バス遠足

今日は、親子バス遠足。
早朝からお弁当を作らなきゃいけないので、トマトもアスパラもお休み。
お父さんは1日葉っぱ切りをするということなので、「葉っぱ切りならお母さんでもできるから、たまには遠足に行ってみるかい?」と提案してみたが、あっさり断られた。
もちろん私も鼻っから交代する気はない。遠足楽しみだもん。

遠足はお昼過ぎで終わり。
午後には、助っ人バビちゃんが到着し、さっそく夕飯の準備と子供たちを任せて畑へ出動。
今日も葉っぱ切りを一往復。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-09-10 Wed

農婦のお仕事:一人でやり遂げるはずが

アスパラの選別出荷の後は、トマトの選別。
天気もよく、気温も高いのでどんどんトマトが赤くなる。
今が夏って感じ。おかげさまで価格が低迷している。

トマトの選別も慣れてきて、午前のうちに残り3コンテナというところまでできた。
午後からもすぐに取り掛かって、「今日は1人で余裕で仕上げれるわ。お父さんはタマネギに専念して。」と豪語してたんだけれど、出荷伝票を記入して、バンドでの梱包を始めると、思う以上に時間がかかってしまった。
結局、お父さんを呼び戻して手伝ってもらっちゃった。

時間には十分間に合って、町の業者さんのところに持って行けたんだけれど、「せっかく書いた伝票を忘れてきちゃった!」
トラックに積む前に、歩道にズラッとトマト箱を並べて、伝票の書き直し。
結局あわてる羽目になってしまった。

そのまま子供たちをお迎えに行って、帰ってからはタマネギの葉っぱ切りを1往復。
ちょうど6時前に暗くなるので、私が家に戻る時間は、いつも保育園から帰る時間と同じくらいになる。
でも、どんどん日は短くなってきているから、4時に町へ出荷しにいくのは作業時間的に厳しくなってくるな。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-09-09 Tue

農婦のお仕事:大失敗×2

早く下葉かきを終わらせようと、早朝作業にでかけたら、気温と水分のせいかアスパラが伸びていたので収穫をした。
連日の収穫なので、短時間で収穫作業を終えることができ、下葉かきもはかどった。

朝からは、タマネギの葉っぱ切り。
携帯でラジオや音楽が聴けるようにイヤホンをひっぱり出してきて準備もバッチリ。
ラジオは最大音量にしても聞こえづらかった。残念なり。
携帯に入れた音楽もいい加減飽きてきたなぁ。

私のハーベスターは、走っている畝(真後ろ)、または右側に葉っぱを切ったタマネギを落とすことができる。
まずは真後ろに落して1畝走り、隣の畝は右側に落として、2畝(または3畝)を1本に集める。
今回の畑は左端からのスタートで、まずは真後ろに落としたいところなんだけれど、アスパラハウスに接しているので、1畝目は右側に落としたいところ。
(収穫のピッカーは大きいので、なるべくハウスからは離したい。)
だからと言って、その1畝目を先に右側に落としてしまうと、隣の畝のまだ葉っぱを切っていないタマネギの上に落としてしまうことになるので、まずは2畝目を真後ろに落とすことから始めなきゃいけない。(あぁ、文章ではうまく表現できない・・・)
畑の奥へ向かうときは右側、戻るときは真後ろ、ということになる。
そこで、まずは葉っぱを切らずに畑の奥へ行かなきゃなんない。
畝をまたいで進んでいく・・・これが大失敗!
踏まずにうまく進めていると思っていたけれど、葉っぱを切りながら戻って来ると、たくさんのタマネギがキャタピラーで踏みつけられてる!
北見黄は他のに比べて単価が高いのに・・・もったいないお化けが出るわ。

と、落ち込んでいた矢先、方向転換をしていたら、なんだかうまく進まない。
右側のキャタピラがずっとブレーキがかかっているような状態で、左へ左へと回ってしまう。
ブレーキが壊れたのかと覗いてみると、キャタピラーのゴムがはずれちゃってる!ガビーン!
すぐさま、お父さんを電話で呼んだ。
キャタピラーがはずれたのは、しょうがないとしても、タマネギを踏みつけたのはいただけないと叱られた。ショボボボン。

キャタピラーは業者さんに来てもらって、午前中に修復完了。
ゴムが伸びてきてしまっているのに加え、雨後で土が湿って重たいところでグリッと回ったせいらしい。
ほかの農家さんも同じくはずしてしまったそうな。しかも2度続けて。乗っていたのはやはり奥様。
なんかちょっとホッとしてみたりして?

葉っぱ切りの作業が中断してしまったおかげで、アスパラの下葉かき&持ち出しは無事に終了。
2棟目のハウスもやっと水をやることができた。
気温も高いし、天気はいいし、頑張れアスパラちゃん。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-09-08 Mon

農婦のお仕事:ぎりぎりセーフ

昨日、水をあげたおかげかアスパラちゃんがたくさん出てた。
気温が高いのも原因だろうけど、水をやった1棟だけだから、そのせいなんだろうな。
もう1棟も早く下葉をかいて水をあげないと。

と、今日中に下葉かきを終わらせるつもりだったけれど、トマトが大量。
アスパラの選別から戻ってから、ずーっとトマト選別。
前回の6コンテナがMAXって思っていたけれど、なんと今日は10コンテナ。
4時までに町中の業者さんのところに持っていかなきゃなんないんだけれど、間に合わない。
産直発送もあるしでテンヤワンヤ。
ありがたいことに業者さんは、家まで取りに来てくれて、ぎりぎりセーフ。

そこから、産直発送の準備。
書類を封入したり、送り状ラベルを貼ったり。
そして、今日からPPバンド(荷造り用の硬いバンド)で補強&持ち手をつけることにしたので、それを練習がてらお父さんと頑張っていたら、クロネコヤマトさんが集荷にきちゃった。
こちらも、ぎりぎりセーフ。

無事に出荷作業を終えて、お迎え前にCITYのラッキーデーに向かった。
今回は7、8日連続のダブルラッキーデー。日曜日にわざわざ山を下りるのは嫌なので、とても助かった。
けど、牛乳が残り3本だった。
これまた、ぎりぎりセーフ。本当は4本欲しかったんだけども。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-09-07 Sun

農婦のお仕事:ショッピングカート

今日中にハウスアスパラの下葉をかいてしまおうと、日曜日&アスパラ収穫休みにも関わらず早朝作業をした。
なのに、朝食を済ませると、畑に出る気は失せてしまった・・・。
子どもたちいるし、天気も悪いのでおでかけしようかという話になったし。(結局、出かけなかったけど)

そこで、ショッピングカートへの商品登録作業をした。
トマト、カボチャ2種、キタアカリ(じゃがいも)を追加したら、一覧が長くなってしまったので、表示方法を変更してみた。
こういう作業には無茶苦茶ハマってしまうのよねぇ。

今年から送料別の料金設定に変えたんだけれど、クールの商品と通常の宅急便の商品が混ざると、送料がちゃんと計算できなくって困っちゃった。
とりあえず、現状でなんとか乗り切って、農閑期になったら自分で作るぞぅ!ウズウズ。

商品画像も撮影したかったけど、残念ながらお天気が崩れちゃった。また、今度。って言ってたらズルズル・・・いつになることやら。

トマト、ジャガイモ、タマネギ、カボチャ販売中です!
たくさんのご注文をお待ちしております。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-09-06 Sat

農婦のお仕事:猫の手よりは

早朝、午前中でハウス1棟目の下葉かきがほぼ終了したので、お昼寝後に子供たちに手伝ってもらって、かいた下葉を持ち出した。

最初は、カートにミニコンを乗せて入ったけれど、すぐにミニコンがいっぱいになってしまう。

多めに乗せようと欲張ったところ、ものすごい量がつながっていた。
もしや?とクルクル巻いてみると、みごとにロールになっていく。
どんどん重くはなっていくけれど、断然早い。

ロールが大きくなりすぎて、通路の幅をはみ出したりと苦労もしたけれど、無事にハウス1棟がキレイになった。
明日にでも水をあげよう。

半分ほどで子供たちは飽きて、アスパラの実を集めたり並べたりして遊んでいた。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-09-05 Fri

農婦のお仕事:トマト選別スタート

先週あたりから、ポロポロと採れ出したトマトちゃん。
4キロ箱に詰めるには規格が揃わないので、直売所に出している程度で、袋詰めはお父さんが担当していた。
それが2日ほど収穫をお休みしたら、今日はミニコンに6つもの収穫量となったので、市場へ出荷することとなった。

選別を始める前に、選別部屋の準備から。<もっと早くにやっとけ!
すでに選別済みのジャガイモが運び込まれていて、去年のようにはテーブルを配置できない。
けど、収穫量もこれ以上は増えるとも思えないし、段ボールもあらかじめ組んでおく必要もなさそうなので、スペース的には大丈夫そう。
ノートパソコンを持ち込んで、お楽しみはハリーポッター。イモセンのときに見れなかったヤツ。

トマトの出荷は、ブロッコリーを店先に並べさせてくれている業者さんにお願いして、釧路市場に持って行ってもらう。
夕方4時という時間制限はあるものの、格安運賃で、比較的高値の付く釧路市場に持って行ってもらえるのは、とてもうれしい。
就農初年度に使用していたトマトの座布団もたくさん余っているので、少しでも見栄えが良くなるようそれを使うことになった。
倉庫にたんまりあって邪魔というのもあるし。
穴の大きさに合わせて置けばいいので、1つ1つ重さを量る手間が省けるのであーる。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-09-04 Thu

農婦のお仕事:あぢぃ

今日は昨日とは逆で、まずは葉っぱ切りから。
エンジン近くに座っているから暑い。と思ったら、ピッカーに乗り換えても暑いのなんのって。
玉のような汗が噴き出してくる。
昨日より気温は低いけれど、風がないせいみたい。
夏が涼しかったから、ちょっとした夏日でもバテバテになっちゃうのかも。

私が葉っぱ切りを担当する部分は拾い上げもほぼ終了で、残すはパンクしたハーベスターが止まっている畝のみ。
明日、お父さんが葉っぱ切りを済ませれば早々に終われそう。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-09-03 Wed

農婦のお仕事:立ちっぱ座りっぱ

ピッカーでのタマネギ収穫。
腐りがないのでとてもスムーズに進むけれど、トラブルがないとず〜っと立ちっぱなしで足が疲れちゃう。

葉っぱ切りが途中で終わっていたので、後半はハーベスターに座りっぱ。
ふぅ。
暇だと文句を言っていたけど、今日はとてもありがたかった。

お父さんが買い物のため保育園のお迎えに行ってくれた、時間を延長して作業を続けた。
畝の途中でも終わって家に帰るようお父さんに言われたけれど、明日作業がしやすいように方向転換まで済ませておこうなんて頑張っちゃって、次の畝を間違えちゃった。
ま、そんなもんさ。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-09-02 Tue

農婦のお仕事:外から見るとスッキリ

やっとこさハウス外側のアスパラの下葉かきが終了した。
外からチョコチョコはみ出ている葉をハサミで切って完了。
これで、いつでもハウスが閉めれる状態になった。
最近は暖かい日が続いているので、閉めなきゃいけない時には、また下葉が伸びてきちゃってるかも。

外からはすっきりしたハウスだけれど、中はかいた下葉で通路は埋まったまま。
内側のアスパラの下葉をかいてから持ち出す予定。
さっさとしないと、水やりができない。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-09-01 Mon

農婦のお仕事:ノロノロ

長々と待たされたDr.ピルシーの収穫。
まずは葉っぱを切らないと拾い上げることができない。
切れるときにさっさと切ればいいと思うんだけれど、葉っぱを切った後に雨が降ると、そこから水が入って傷むこともあるそうな。
それで、この不安定な天気の中なかなか切ることができなかったんだけれど、今日は降水確率30%。晴れマークをつけている天気予報もあるくらいなので、降ってもパラパラだろう。ということで、葉っぱ切りを開始。
明後日の午後からまた天気が崩れる予報で、今日のうちに全部葉っぱを切って(お父さんが夜通し作業)、明日明後日で拾い上げる計画。

葉っぱを切るハーベスタを畑に運ぶ。(お父さんの1台はすでに畑にいる)
1年ぶりのハーベスタ。エンジンのかけ方をすっかり忘れてた。
でも、それ以外はなんも難しいことはない。
ノロノロ、歩くより遅いんでは?と思うほどのスピードで畑へ向かった。

いざ、葉っぱ切り。
去年、速度をあげた(2速)せいで切り残しが多かったので、今日はゆっくり1速で。
ノロノロ、眠たくなってくるスピード。
エンジン&ローラー音がうるさくて音楽も聞けやしない。
ハンドル操作はチョコチョコしないといけないから、当然本を読むわけにはいかないし。
あ〜ハリーポッターの続きが読みたーい!(どっぷりハマっている)

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-08-31 Sun

農婦のお仕事:悪あがき

1日空けてのアスパラ収穫。
おぉぉぉ〜たくさん出てる。気温高かったからな。
でも、喜びは半減。
曲がっているのが多いのなんのって。
伸びてしまっているのはこのまま伸ばして外品として出すとして、顔を出したばかりで曲がっているのは、養分がもったいないからポキッと折ってしまおう。
大した量も出さなかったくせに、なんでまたこんなに早く疲れを見せるんだ。
悪あがきはよしてくれ〜

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-08-30 Sat

農婦のお仕事:騒音&接触不良

らんららんらら〜
今日もハリーポッターを見ながらイモセンしよう♪

と、いそいそと着替えて倉庫に行くと、何やらブロロロロロロ〜という音。
お父さんがエアーコンプレッサーで、ジャガイモについた泥を飛ばしていた。
ブロロロロの空気を圧縮する本体のベルトの音もうるさいんだけれど、エアーを噴き出プシューップシューッがうるちゃいのなんの。

でも、最初からエアーコンプレッサーは使えないん?と思っていたし、実際に穴に入り込んだ土がキレイに取れるというんだから、しょうがない。
コンプレッサーのおかげで、お父さんの作業は早く、量る作業も昨日よりはいいペースだったけれど、やっぱりどうも暇。
音を大きくしたら、DVD見れるんじゃない?とお父さんに言われて、試してみることに。

うん、音は問題なく聞こえる。
んが!画面がチラチラ。なんでなんで?昨日は問題なく見れてたのにぃ〜。
何度も線を抜き差しするけれど、回復せず・・・

諦めて、図書館で借りてきた『ハリーポッターとアズカバンの囚人』を読みながら作業することにした。
土を落としたジャガイモが山盛りになるまで本を読んで、一気に量ってという感じで。
それはそれで楽しかった。けど、イモセン終わっちゃったし、DVD見る時間がないじゃーん。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-08-29 Fri

農婦のお仕事:ハリーポッター

TSUTAYAから半額クーポンの案内のメールが届いた。
古いテレビとノアに載せているDVDプレーヤーで、イモセンしながらDVDが見れる♪
と、早速レンタル。

先月、ハリーポッターの最終話が発売になったというニュースを見て、今まで全く映画も本も見る気を起こさなかったくせに、ミーハー根性で急に読みたくなり、図書館で『ハリーポッターと賢者の石』を借りて読んだ。
まとまった活字を読むのは、かなり久し振りで最初はゆっくりしたペースだったんだけれども、どんどん面白くなっていき、続いて第2巻『ハリーポッターと秘密の部屋』を借りて読んだ。
もう、どっぷりハマった。おもしろーい。
図書館への返却期限を待てず(子どもたちのも一緒に借りててまだ読んでない)に、第3巻『ハリーポッターとアズカバンの囚人』を借りて現在読んでいるところ。

と、面白いことは面白いんだけれど、ここは横着者の私。
読むより、見る方が楽なんじゃない?ということで、DVDをレンタルしちゃった。
ズバリ!本の方が面白い。というか、読んでなかったら、よく分からなかったかも。(お父さんも一緒に見て分かりにくそうだった)
とか、文句をつけつつ、明日もイモセン。
保育園のお迎えのときに、第4話まで借りてきちゃった!うふ。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-08-28 Thu

農婦のお仕事:イモセン

雨続きの予報だったのに、今日は朝から晴れて暑い。
こんな日にはハウス内で仕事したくないし、だからといって昨日の雨で路地作業はできない。
家で雑用を・・・と思っていたら、ジャガイモの選別へのお誘いを受けた。
そうよね。どう考えてもその仕事しなきゃダメよね。誘われなくても行かなきゃダメよね。

お父さんが軍手でジャガイモをはたいて土を落とし、私が量って規格分けする。
とっても簡単。簡単すぎて暇。なかなか時間が経ってくれない。
ラジオは面白くなくって、ワンセグに切り替えたけれど、こちらもちっとも面白いものがない。
ビデオとか見れないかなぁ。土だらけだから無理かぁ。

ワイドスクランブルが始まり、やっと暇を乗り切れるようになったんだけれど、
ムシムシしていて、ジャガイモが湿っているということで早めに切り上げとなった。

そのまま午後も選別はしないのかと思いきや、お父さんは1人で頑張っていた。
家事も済んだし、私としても早くに選別を終わらせたいので、気乗りしないながらも参戦。
午後のラジオはまぁまぁ面白かった。近所の農家さんがよく聞いている『カーナビラジオ午後一番』。
ずっとFM派だったお父さんだけれど、軽トラではAMしか聞けないのと、倉庫のラジカセのFMアンテナがちぎれてしまいAMしか聞けなくなったとかで、すっかりハマッていた。
確かに面白い。

けれど、やっぱりジャガイモが湿っているということで午後も早めに切り上げとなった。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-08-27 Wed

農婦のお仕事:ポキポキ

しばらく雨が続くらしい。
本格的にタマネギの収穫が始まる前に、ハウスアスパラの下葉かき終わらせてしまおう。

と張り切って、プチプチ。
広がりきってしまった下葉をかくのにもずいぶん慣れてきて、いい感じにかけるようになってきたと感じていた。

のに、ポキッ。
あ、また親茎折っちゃった。
と思ったら、ポキッ。
あうっ、同じ株の親茎を折っちゃった!やばっ
そういうのに限って、ほかに立ててる親茎がなかったりする・・・
お父さんには言ってない。これ読んで気付くかな。気付かないだろうな。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
2008-08-26 Tue

農婦のお仕事:北もみじ葉分け

タマネギを収穫したいところだけれど、どうも天気が厄介らしい。

お父さんの言いつけで、今日は下の畑(北もみじと天心を栽培している、マジで下にある畑)の葉分け作業をした。
公道から、グッと下に道を下って行かなくちゃなんない。
葉分けの棒(トマト誘因の竹棒・身長より長い)を抱えて自転車で行くのは少し躊躇したけれど、ええい行ってしまえ。ガタガタ道でもオイラへっちゃらさ。(タイヤが傷むと後で指摘された)
帰りはもちろん手押しで登った。
初めての軽トラで坂道発進できなくて大変な目にあったけれど、自転車を押すのは余裕だったわ。

葉分けは、なんだか全部が倒伏していなくて、すぐにできたけれど、なんだか不完全燃焼。
倒れるなら倒れるではっきりせんかい!と突っ込みたくなるような畑の様子。
残りが倒れたら、また葉分けに入らなきゃいけないんでない?
根切りするのには、トラクターの前に葉分け機をつけてるけれど、防除のときにはつけれないんかしら?
トラクターの大きさが全然違うから無理なんかな。

posted by 農婦 | Comment(0) | TrackBack(0)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。